メルマガ登録

フォーラム2

2023.01.13 開催

「承継で守られる伝統」と「革新し続ける伝統」

~伝統工芸「京和傘」日吉屋の伝統承継とイノベーション~

伝統工芸「京和傘」日吉屋

オンラインライブ配信

令和5年 1月13日 (金) 11:00~12:00

時代やニーズが目まぐるしく変化する中、160年以上「京和傘」の伝統を守り続けている日吉屋。 先代から引き継いだ事業承継にまつわるエピソードや、伝統を守り続け、 伝統を守るだけではなく異業種や海外事業への展開、匠らとの取組みを行う等、 常に「革新」し続ける5代目当主にお話しを伺います。
見逃し配信動画準備中

フォーラム2の概要

日吉屋について

江戸時代後期創業の京和傘の老舗。創業より160年以上、伝統の技を受け継ぎ、京和傘を作り続けている。 現在でも各種和傘の制作や、修復を行っており、代々受け継がれて来た「京和傘」の技法を継承する唯一の工房。

一方、和傘の需要は激減し、一時は廃業寸前となった日吉屋。 2004年に現代表の西堀耕太郎が五代目として就任、 「伝統は革新の連続 - Tradition is Continuing Innovation」を企業理念として掲げ、 伝統の継承のみならず、京和傘の構造・技術を活かしたデザイン照明等を開発し、国内はもとより、海外にも展開。

グループ総額で売上を約150倍に成長させたノウハウ・ネットワークを活用し、近年は日本の伝統産業振興に貢献するべく、 インテリア事業、コンサルティング事業、スクール事業、旅行事業などを展開し、全国の伝統工芸の継承、発展に取り組んでいる。

<日吉屋のご紹介動画>

登壇者

日吉屋 五代目当主
西堀 耕太郎 氏

西堀 耕太郎 氏
和歌山県新宮市出身。 カナダ留学後市役所で通訳をするも、結婚後妻の実家「日吉屋」 で京和傘の魅力に目覚め、 脱・公務員。職人の道へ。 2004年五代目就任。
「伝統は革新の連続である」を企業理念に掲げ、伝統的和傘の 継承のみならず、 和傘の技術、構造を活かした新商品を積極的に 開拓中。 グローバル・老舗ベンチャー企業を目指す。

お話いただく予定の内容

日吉屋の概要
日吉屋で職人になった理由
承継を決意したきっかけ
承継の過程で先代や家族と話し合ったこと
承継後の取り組みで、守ったこと、変えたこと
「伝統は革新の連続」とは
経営方針や戦略など

※ライブのため進行の流れによって内容は変更になることがあります

聞き手

日経BPコンサルティング
取締役 編集担当 中野 恵子 氏

中野 恵子 氏
東京大学薬学部卒業後、日経BP社入社。 所属した「日経メディカル」編集部、「日経レストラン」編集部(外食経営誌/副編集長)では、 医療機関や飲食店の経営に関する取材を担当し、事業承継を大きなテーマとした。女性向けウェブサイト「日経ウーマンオンライン」(編集長)、 健康情報誌「日経ヘルス」(編集長)などを経て、 2022年より現職。

セミナー情報

■参加費 無 料 ※事前登録制
■主 催 独立行政法人中小企業基盤整備機構
■後 援 中小企業庁

その他の事業承継フォーラム

フォーラム1
フォーラム1

2022.11.29 公開

技術と想いを引き継ぎ、伝統建築の未来を切り拓く

詳しくみる

フォーラム3
フォーラム3

2023.02 公開予定

日本の優れたものづくりの技術を、次世代に承継していくために

準備中

フォーラム4・5
フォーラム4・5

2023.02 公開予定

令和5年度、事業承継の最新制度とは

準備中

事業承継フォーラムの歴史

日本経済を支える中小企業の事業承継は、この国の喫緊の課題です。事業承継にお悩みの経営者の方はもちろんのこと、まだ事業承継を意識されていない経営者様にも課題としてイメージをもっていただき、行動に移していただきたい、それが事業承継フォーラムの主旨です。平成21年度から開催し、今年度で14年目となりました。

令和3年度 事業承継フォーラム
令和2年度 事業承継フォーラム
令和元年度 事業承継フォーラム
平成30年度 事業承継フォーラム
平成29年度 事業承継フォーラム

PAGETOP