約30分の長編映像です。
音声オンにしてお楽しみください。

取引先や社内からも応援される
親族内事業承継事例

トップが急逝
残された者はどう動いたか?
地元名門企業の事業承継

親族内承継こそ 計画性がもとめられる

親族内承継企業において後継者が決まっている(周囲から目されている)ケースは割と多い。しかしながら、その後継者育成にかける期間や、株式承継のスケジュールはいづれの企業でも悩ましい課題だ。税務や法務の整合性、取引先や金融機関との関係性、または社内の情理も絡んでくる。一般に「人の継承」「資産の継承」「知的資産(技術など)の継承」と呼ばれているが、言葉でいうほど単純ではなく、時間もかかるものだ。
今回、取材した村田発條も例外ではない。6代目の村田一郎氏も後継者育成と株式譲渡に十分な計画は引いていた。それでも想定外のことは起きた。
企業規模に大小あれ、等しく求められる事業承継の問題。とくに親族内承継企業であればこそ、早くからの計画は必須である。

本編サマリー

村田発條は「ばね」の製造で100年の歴史をもつ地元の名門企業である。後継者育成も株式譲渡も6代目社長の村田一郎氏が中心となり計画を描いていた。そんな矢先、一郎氏は海外の出張先で心筋梗塞に倒れ、帰らぬ人となってしまう。突然のことに呆然となる社内。明日からの社長は誰が? 取引先との関係は? 株式は? 残された者たちはどう動いたのか。10年前当時と2021年現在、その両方を知る経営幹部らの証言をもとに、事業承継の本質に迫る。

村田発條株式会社
バネの製造 栃木県宇都宮市
1913年12月1日(大正2年)、初代、村田正三郎氏が宇都宮の地で金物店を創業。のちにバネ製造に進出。2021年現在、売上高75億円、従業員343名。航空機から自動車まで産業用コイルで世界的なシェアをもつ。海外3か国にも工場あり。現在の安在社長は8代目。9代目への事業承継を実施中。

制 作
 中小企業基盤整備機構
協 力
 株式会社村田発條 関係者の皆様

PDFダウンロード

令和3年度 コンテンツ

事業承継フォーラム1:

取引先や社内からも応援される親族内事業承継事例

村田発條株式会社(創業108年)、8代目から9代目へ計画中。
映像公開中

事業承継フォーラム2:

知っていると知らないとでは大きな違い。

国の「事業承継推進施策」をわかりやすく紹介します。
映像公開中

事業承継フォーラム3:

フィナンシェの販売個数で世界一。海外にも進出する「アンリ・シャルパンティエ」
蟻田剛毅氏が初めて語る「事業承継」における「父」と「自分」

1月27日(木) 13時~
ウェビナー(オンライン)にて開催
参加登録受付中

事業承継フォーラム4:

令和4年度、国の最新施策を明快に解説。

近日 映像公開予定

事業承継フォーラム5:

第三者承継事例紹介。取材進行中。

近日 映像公開予定

 本フォーラムに関するお問い合わせ 

独立行政法人
中小企業基盤整備機構

事業承継・再生支援部 事業承継支援課

〒105-8453
東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル

TEL:03-5470-1576

© 2021 Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, JAPAN